無利息キャッシングとは

キャッシングを取り扱う会社によって、金利は様々です。金利の上限いっぱいまでの金額で設定しているキャッシング会社もあれば、1桁代の金利であるキャッシング会社もあります。中には、キャッシングの金利を必要としないというキャッシング会社まであるのです。契約から数日間だけの場合や、決まった期間のみ、金利がまったくかからないようなキャッシング会社があります。無利息キャッシングを行っているキャッシング会社の場合、様々な条件が必要となりますが、条件をこなすことで、ムダな出費を省くことが出来ますのでとても便利です。すぐに返済できる目処が付いている場合には無利息キャッシングを上手に使うと良いでしょう。無利息キャッシングには、初回のみ適用の場合と、何度でも決まった期間であれば無利息キャッシングが可能な場合があります。金額にも決まった金額がありますから、無利息で借りられる金額と期間を超えてしまわないようにしましょう。金利が気になり、借り入れを躊躇している人にもお勧めです。無利息である期間が限られているため、その日までに確実に返済しようと思う気持ちが働きますので、無利息キャッシングをすることで、返済に滞りが出ないとも言われています。無利息キャッシングを取り扱っているキャッシング会社は増えています。様々なキャッシング会社を比較することで、自分にとって有利になるようなキャッシング会社を選びお得な利用を心がけると良いでしょう。

払いすぎていた金利を過払い金と呼びますが、過払い金の請求方法としては、まずは、借り入れをしていたキャッシング会社に、過去10年間さかのぼって、取引履歴を送ってもらう事から始めます。取引履歴を確認することで、自分が支払っていた金利がいくらであるのかがわかります。キャッシング会社の中には過払い金を請求されることを嫌がり、取引履歴を送ってくれないような会社もありますが、取引履歴は開示しなくてはいけないことになっていますから、必ず履歴を元に自分の支払っていた金額を確認するようにしましょう。過払い金があることがわかれば、弁護士や司法書士などに依頼し、返還手続きを取ることが一般的ですが、プロに頼むとお金がかかるため、自分自身で手続きをしたいと考える人もすくなくありません。プロに頼む場合、過払い金の10パーセントから15パーセント支払いをする事になります。自分自身で手続きをする場合には、過払い金返還請求書を作成し、キャッシング会社に送付します。その後、キャッシング会社と協議を行い、返還がすぐに認められれば合意書を取り交わし、返還は終了となりますが、過払い金請求に応じない場合には、裁判になります。キャッシング会社の中には、返還請求書を受け取っていないと言ってくる場合もありますから気を付けましょう。書類に不備があると、たとえ裁判となっても返還金が戻ってこない場合もありますから、細かく調べた上で手続きをするようにしましょう。